2011年02月10日

麻薬と薬

rx bear.jpg

癌が進行するにつれ痛みの管理は深刻な問題になっていくようです。いつものんびり構えていて、まぁ癌も身体の一部だからね〜などと寝ぼけたことを言っている私も、この点について考えるとしょぼ〜んとしてしまいます。まっ今から悩んでも仕方ないんですが。

疼痛緩和の代表的なお薬はオピオイド系の鎮痛薬です。麻薬の取締りが厳しい日本では「医療用麻薬」などと呼ばれ、使用を躊躇する人もいるかもしれません。しかし、医師の監督下で癌の痛み止めとして使うオピオイドで麻薬中毒になることはありません。痛みは我慢せず積極的に緩和処置を受けることをお勧めします。欧米では癌だけでなく、関節炎や線維筋痛症、腰痛などにオピオイド系の鎮痛薬が処方されることも少なくないそうです。ただ、このカテゴリーでは時おり薬物乱用のケースも見られるため、各国で医師向けのガイドラインを作成し、オピオイド薬が必要な患者の絞込みやオピオイド処方後の経過観察の強化など、薬が正しく使われるよう慎重な取扱いを呼びかけています。

で、ここから先は癌とは関係なくなってしまうのですが、オピオイド薬を単に麻薬として使うオピオイド中毒者も残念ながら増加の一歩を辿っています。もちろん欧米での話です。仮病を使ったり、処方箋を改ざんしたり、闇ルートで売人から買ったり…あの手この手でオピオイドを入手しているようです。もっと恐ろしいのは、オピオイド欲しさに薬局に強盗に入る若者がアメリカで続出していることです。(国柄の違うカナダはではさすがに強盗事件は起きていません。)

アメリカの薬局強盗は過去3年間に1800件以上発生しました。州別に比較すると、件数が多いワースト5はフロリダ、インディアナ、カリフォルニア、オハイオ、ワシントン。昨年1年間に最も件数が増加したのはメイン、オクラホマ、オレゴンでした。強盗の目当てはオキシコンチン。銃、鉈、ナイフ、電気ドリルなどの武器を手に襲撃してくるのですから薬局だってたまったものではありません。オキシコンチンの取り扱いを一切止めてしまった薬局もあり、近所の薬局で痛み止めを買えなくなってしまった癌患者はいい迷惑です。

オキシコンチンを販売している製薬会社(Purdue Pharma)は、薬屋さんを対象に強盗防止策や強盗にあった際の心得の講習を開いています。不運にも強盗にあってしまったら逆らわずに言うとおりにするのが一番。防止策としては:

- より高度な防犯カメラを設置する。
- 強盗が飛び乗れないようにカウンターを高くする。
- ショーウィンドウを防弾ガラスにする。
- 客がブザーを押さないとドアが開かないようにする。
- 店内ではフードやサングラスを着用しないよう客に求める。
- 保管庫にタイマー付きロックを取り付け、一度に少量しか出せないようにする。
などが挙げられます。

麻薬としてのオキシコンチンの相場は1ドルで1mg。80mg入りの錠剤なら1錠が80ドル。いいお値段です。そのため強盗に入るのは中毒者本人だけでなく、一儲けしようと目論む売人も含まれるそうです。オピオイド薬は、鎮痛効果は高いですが眠気や便秘といった副作用を伴うので、服用せずにすむなら服用したくない…と考えるのが普通なんですけどね〜。痛みのない人が飲んだ場合にどんな薬効が現れるのか想像もつきません。

最後に「医療用麻薬」の話に戻りますが、実はカナダでは医療目的に大麻を使用することが許されています。「医療用大麻」です。癌、エイズの他、多発性硬化症、脊椎損傷、癲癇などの症状を緩和するのが目的で、これらの疾患を持ち大麻の使用を希望する人は国に申請書を出して許可を貰います。許可が下りたら、自分で大麻を栽培するか(笑)、国から大麻を購入するか(爆笑)のチョイスがあります。国からの大麻購入費用は州の健康保険の適応外ですが、種を買って自分で栽培する場合は、栽培にかかる費用が税金控除の医療費枠に含まれます。カナダって変な国でしょ。
posted by leo at 14:09| Comment(2) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
loeさん、こんにちは

カナダでは、そうなんですか!(>末尾の記述)
大麻栽培の費用が控除対象に!?
面白いです〜初耳ですね。

サガンの生涯を描いた映画「サガン」(だったかな、題名失念しました)
の中にこんなシーンがありました。
サガンは若いころの交通事故の後遺症であちこち痛むのを
和らげるため大麻を常用していて、逮捕されます。
記者に囲まれマイクを突き付けられて、
「大麻?ええ、使っているわよ。違法?法が人に合わせるべきよ」
と答えるんです。
余談が長くてスミマセンです・・
Posted by にゃごり at 2011年02月12日 14:15
にゃごりさん、
そうなんですよ。医療用と認められれば大麻栽培費用だって
医療費の一部になるんですよ。いいのか悪いのかよく
わかりませんが… アメリカも州によっては医療用大麻が
認められてると聞きました。
大麻を吸うと痛みが和らぐと言う人、割と多いです。
大麻を吸うことでリラックスするのがいいのかもしれません。
オピオイドに比べたら可愛いものですからね〜。
麻薬と薬って紙一重のようですね〜。
Posted by leo at 2011年02月16日 17:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。