2011年02月27日

Bで終わる薬

blue horse.jpg

北米での治験のリストを見ると、…ニブとか…リブとか…マブとか末尾がBの薬のオンパレードです。これらはみな分子標的薬のようです。一攫千金を狙う製薬会社と新薬に興味しんしんの研究者。よくわからないけど希望を託してトライする患者。私は競馬が好きなので、製薬会社が馬主、医師が調教師、薬が馬で患者がジョッキーなどとくだらない想像をして楽しんでいます。フェーズIIIの治験はさしずめGIレースです。ただこのレースのお馬さん達は、途中で立ち止まって動かなくなったり、爆走してジョッキーを振り落としたり、善戦しても古馬にかなわなかったりすることが多く残念です。

ともあれ、治験をしている薬がどんな代物なのか多少情報を仕入れておいて害にはなりません。もし治験に参加する機会があったとしても、全く未知の薬だと不安倍増ですからね。

まずは、アバスチン(Bevacizumab)に続いてフェーズIIIの治験に漕ぎついたCediranibについてです。Cediranibは血管内皮細胞成長因子(VEGF)の受容体を阻害する薬だそうです。VEGFの発現は卵巣がんにしばしば見られ、発現過剰だと予後を厳しくすると言われています。働きとしてはVEGF受容体の阻害を通じて癌の血管新生を抑えるらしいので、アバスチンと少し似てる…かな?

フェーズIIの治験結果は2008年にASCO(米臨床腫瘍学会)で発表されています。対象は再発卵巣がん患者60名、内26名は白金感受性あり、34名は白金感受性なしでした。Cediranib単剤での治療の結果、奏効率は白金感受性ありのグループで41%、なしのグループで29%。成績が良さそうに聞こえますが、ここで言う奏効率は癌の成長を一時的に止めたことを意味するようで、癌の縮小が見られたのは参加者中数名だったようです。無進行期間は4.1ヶ月、全生存期間は11.9ヶ月でした。この数字自体は従来の殺細胞系の抗がん剤と比べて劣りますが、少なくとも恩恵(らしきもの)があったということで、王道のカーボ+タキソールにCediranibを加えたフェーズIIIの治験が実施されています。

フェーズIIIの治験は通称ICON6(諜報機関みたい)。ファーストラインで治療後6ヶ月以上経って再発した白金感受性有りの人、2000名が参加しています。
- カーボ+タキ+プラセボ(6サイクル)
- カーボ+タキ+Cediranib(6サイクル)
- カーボ+タキ+Cediranib(6サイクル)+Cediranibのみで維持療法(60週)
の3組に分かれて効果を比較という割とよくある治験デザインです。

Cediranibは経口で毎日服用する薬です。その点は点滴よりいいなぁと思います。しかし副作用が結構あるみたいで世の中甘くありません。フェーズIIの治験結果によると、よくある副作用は疲労(85%)、下痢(80%)、高血圧(72%)、食欲減少(57%)で、疲労と高血圧はグレードIII以上の重い症状が出た人も2〜3割いました。高血圧については服用後3日以内に急激に血圧上昇が見られるケースが多いので、特に高齢でもともと血圧が高い人は要注意です。

Cediranibは卵巣がん以外にも大腸がん、非小細胞肺がん、脳腫瘍などで治験をしたのですが結果はいまひとつでした。悲しいかな副作用の割りに恩恵が少なめだった模様です。だからと言って、卵巣がんでも失敗すると決めつけるわけにはいかず、こればっかりは試してみないとわかりません。Cediranib号、本命というより穴馬って感じかしら。でも頑張ってほしいです。
posted by leo at 19:45| Comment(0) | 抗がん剤(一般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。