2011年03月27日

CTスキャン考

u & p.jpg

大地震に伴う原発事故については、在カナダ日本人の間からも不安の声が上がっています。住み慣れた我が家を離れて不自由な避難生活を送っている周辺住民の方々、危険と知りつつ復旧作業にあたる現場作業員の方々、せっかく育てた農産物を処分しなければならない農家の方々… さぞ苦労されているでしょう。一日も早く問題解決に向かうよう祈っています。

放射能の危険性について語る際に、しばしば引き合いに出されるのが医療現場での被爆です。放射線は癌の治療に用いられるばかりでなく、様々な検査にも使用されています。特にCTスキャンは普通のレントゲン等と比較して浴びる放射線の量が多いので、恩恵とリスクをよく考えた上で撮るかどうかを決めるべきと言われています。

アメリカのRadiologyInfo.org(患者向けの放射線情報サイト)によると、被爆量は以下の通りです。単位はミリシーベルトで、括弧内は自然に浴びる放射線量との比較と発がんリスク増加度です。

歯医者さんで撮るレントゲン:0.005 mSv (自然放射線1日分、発がんリスク増加→ほとんど無し)
胸部レントゲン:0.1 mSv (10日分、リスク→最小限)
マンモグラフィー:0.4 mSv (7週間分、リスク→とても低い)
頭部CT:2 mSv (8ヶ月分、リスク→とても低い)
胸部CT:7 mSv (2年分、リスク→低い)
腹部CT:15 mSv (5年分、リスク→低い)

そして、私たちがよく撮る造影剤なしでピピピっと1回、造影剤を入れてピピピっともう1回する腹部CTスキャンでは、被爆量も倍となり30 mSv (10年分、リスク→中くらい)です。

随分多いのねと思う方もいらっしゃるでしょう。でも喫煙に比べたらささやかな発がんリスク増加だそうです。また医療被曝の結果がんになって死ぬ確率は、高速道路の自動車事故で死ぬ確率と比べても低いと聞いたことがあります。

つまるところ、CTスキャンが本当に診断に必要であれば恩恵の方がリスクより大きく、多少被爆してもCTを撮る価値があるのだと思います。問題はあまり必要ないのに(レントゲンやエコーで十分なのに)CTスキャンを撮ってしまう「CT乱用傾向」が一部の医療現場で見られる点にあります。昨年発表されたアメリカの癌研究所(NCI)の試算によると、2007年の1年間にアメリカ国内で行われたCT検査が、将来29,000件のがん罹患に繋がるであろうという結果が出ています。一人ひとりのリスク増加度は少なくても、国民全体を合わせるとけっこうな数になるわけです。

また、強い腹痛のため救急医療科で診察を受けCTスキャンを撮った患者1168名へのアンケート調査では:
- CT検査や組織検査が含まれることで診断への信頼感が大幅増(20%→90%)
- 普通のレントゲンと比較してCTの被爆量が多いことに気付いていない(70%)
- 参加者の多くは医療現場での被爆と発がんリスクとの関係について知らない
という結果でした。

確かに体の不調を訴えているのにレントゲンを撮っただけで帰されたら面白くない人は多いでしょう。医師の側からすれば患者を満足させたいという気持ちがあるのかもしれません。それに検査しないで万が一にも重病の発見が遅れたら訴えられる可能性だってあります。一番困るのは、保険でカバーされてるからとりあえず撮っちゃおうと安易に検査を行うことで、これは健康保険が個人単位(国の財政を圧迫しない)のアメリカで多そうです。

さて、癌の患者がCT検査をするのは、10年先の発がんリスクより今ある癌をどうにかすることの方が先決なので、当然必要な処置だと言えます。完全寛解している人が定期的にCTを撮った方が良いのかどうかについては意見が分かれます。患者によっては心配性で、異常がないことをしょっちゅう確かめないと気が気でない人もいるでしょう。寛解中のCT撮影頻度については、マーカーが上昇するなり怪しい症状が出るなりするまで待った方がいいのか、何もなくても1年に1度くらいは撮った方がいいのか、いやいや癌は成長が早いんだから6ヶ月に1度は撮った方がいいのか… 医師によって様々な見方があるでしょう。患者としては、自分の価値観に合った方針を担当医とよく相談して決めていくしかないような気がします。

ちなみに私は癌と診断されてから今までに撮ったCTスキャン(頭部、胸部、腹部)の合計で292 mSvくらいは被爆しているようです。また来月撮らなくっちゃ〜。 

posted by leo at 20:35| Comment(2) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日突然の腹痛で救急外来にお世話になりました。
捻転のときの痛みに比べれば軽かったのですが、
病歴もあるし全くおさまらなかったんで不安になりました。
当然のごとくCT検査となりましたが、結局明らかな原因は分からず経過観察となりました。
被曝はいやですが原因がわからない方が不安になることもありますよね。
自分でよく考え主治医と相談して決めることなんでしょうね。
Posted by がっちゃん at 2011年04月01日 11:36
がっちゃんさん
腹痛の方は治まりましたか?お大事にして下さい。
私も原因不明の腹痛に襲われたことが過去何回かあり、
痛みがひくと狐につままれたような感じですが
やっぱり不安ですよね。
捻転でERに運ばれたときはエコーのみ。ひきつけ&意識不明
のときは即CT。立てないけど意識ありのときはレントゲン→
CTでした。いろいろですね。
Posted by leo at 2011年04月08日 14:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。