2011年05月29日

晴天の霹靂(penmachineその1)

lightning.jpg

前回の投稿でふれたカナダ、ブリティッシュコロンビア州のDerek K. Millerさんについて、これから何回かに分けて詳しく取り上げたいと思います。個人のブログで他の方のブログの記事を引用するのはルール違反なのかもしれませんが、内容の素晴らしさ及び原文が英語であることから、日本語で紹介させていただくことに意義があるのではと考えました。

Derekさんは2007年に37歳の若さで大腸がんと診断されました。ブログ(penmachine.com)は癌になるずっと前(2000年)から続けておられました。そのため、体調の変化に気づき、癌と診断され、癌が当初の見込みよりもずっと進行していたことがわかり…といった癌になった人の多くに共通する経験が実に正確に綴られているのです。

癌が発見されるまでの経緯は次の通りでした。

1. 2006年の春先からトイレに行く回数が増えガスも溜まりやすくなった。が、単なる下痢の症状と変わらず、食べあわせが悪かったか何かの細菌の仕業だろうと思った。
2. その状態は春から夏にかけて続き、時には作業を中断してトイレに駆け込むようなことも起きたがさほど気にしていなかった。
3. 秋には便に鮮紅色の血が混ざるようになった。これはマズイとファミリードクターのDr. Hassamに診てもらった。10月のことだった。(注:カナダやアメリカでは、まずファミリードクターと呼ばれる医療全般について広く浅く知識のある医師の診察を受け、ファミリードクターが必要と判断したら専門医に紹介される仕組みになっています。)
4.  Dr. Hassamは、こうした症状を起こす原因は沢山あり、重い病気とは限らないのであまり心配しなくてよいが、一応消化器科の医師に診てもらうよう勧めた。
5. 11月になっても症状の改善がみられないので再度Dr. Hassamに会いに行き地元の消化器科医Dr. Ennsへの紹介状を貰った。
6.  Dr. Ennsの診察は12月だった。Dr. Ennsは直腸炎ではないかと疑っていたが次の週に受けたS字結腸鏡検査でポリープが見つかった。
7. 1月初めにDr. Hassamと面談があり組織検査の結果を知らされた。癌だった。
8. 1月下旬、Dr. Ennsに大腸内視鏡検査とCT検査、内視鏡超音波検査をしてもらった。内視鏡超音波が付け加えられたのは、大腸内視鏡検査で、前に見つかったポリープの他にも小さな瘤が見つかったからだった。しかしその瘤は見た感じ癌ではなさそうだと言われた。

(2007年1月26日投稿「Why I’m getting cancer treatment now」より)

癌の告知から数週間後、Derekさんは少し落ち着いてから経過を振り返って上のように整理されました。

それ以前の投稿を読むと、いかに癌が青天の霹靂であったかがはっきりわかります。

診断は直腸炎。別に重い病気ではない。でも…検査を受けなきゃならないんだ…
(2006年12月18日投稿「The diagnosis」より)

直腸炎ではないそうだ。1月の下旬に大腸内視鏡でポリープを切除しなければならなくなった。調べてみたら大腸ポリープはよくある疾患みたいだ。60歳以上の人の60%はポリープができるらしい。僕のように40歳以下の人には多くないけどびっくりするほどのこともない…
(2006年12月21日投稿「Scoperrific」より)

大腸内視鏡検査を前に、明日は医師からポリープの組織検査の結果を聞くことになっている。統計的に(年齢的に)癌のリスクは小さいから楽観的に考えている。組織検査の結果に係わらず、ポリープは切除して大腸内をよく検査する必要はあるそうだ。同じ検査をした人に聞いてみたら、前日に下剤を飲むのが一番しんどいと言っていた…
(2007年1月7日投稿「In preparation for the colonoscopy I’ll be having…」より)

と、癌であるかどうか心配するより、S字結腸鏡や大腸内視鏡といった検査を受けるのが嫌だな〜という心境が伺われます。まだ癌になるには若い年代で、まさか癌になるだろうとは思っていない人にとっては検査の方が憂鬱なのです。その気持ちはよくわかります。

そして癌の告知をを受けたショックは以下の3行で表現されています。

Fuck.
Fucking hell.
I have fucking cancer.

(2007年1月8日「Please excuse the salty language」より)

しかし、この時点ではまだ医師もDerekさんも初期の癌であろうと楽観視していました。

(次回に続く)
posted by leo at 17:08| Comment(0) | 本やブログなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。