2011年06月30日

頑張った甲斐も無く(penmachineその3)

sandcastle.jpg

(カナダ、ブリティッシュコロンビア州のDerek K. Millerさんのブログ「penmachine」を紹介させていただいています。さぼっていたために間があいてしまいましたが今回は第3部です。フラッと立ち寄っていただき話が見えない方は1部2部からお願いいたします。)

思ったより癌が進行していたことにショックを受けながらも、少なくともステージ4ではないんだと自分を慰めるDerekさん。直腸下部にできた小さな癌は経肛門的内視鏡下小手術(TEM)で切除済みですが、S字結腸の腫瘍は手付かずです。

治療方針は、まず抗がん剤と放射線で残った腫瘍を小さくしてからメインの開腹手術を行う方向で決定しました。Derekさん(当時37歳)のように若い患者の場合は、治療が成功すれば長い人生が残っており、逆に言えば癌が再発可能な期間も長い。よって治療は極めて積極的に行うべき、というのが医師からの説明でした。抗がん剤は標準的なレジメンに加えて治験も3件参加することになり、Derekさん自身もやる気満々だったようです。術前のキモは、まずアバスチンを単剤で2週間、続けてアバスチン+Oxaliplatin(どちらも週1点滴)+Capecitabine(経口)の組み合わせで投与。これに平行して週5日の放射線治療を5週間続けます。Capecitabineは放射線を受ける数時間前に服用するよう指示されました。

化学治療を開始する前の心境は、治療効果への期待と早く治療を終わらせて普通の生活に戻りたいという希望が混ざり合っていたようです。

抗体(アバスチン)を2週間、キモと放射線を5週間、PET/CT検査に組織検査、5〜7週間休んで開腹手術、1ヶ月の回復期間のあと術後化学療法を4ヶ月。治験に入ろうが入るまいが治療が全て終わるのは年末だ。
(2007年3月22日投稿「All guns blazing」より)

この薬(アバスチン)と4月に始まる他の薬が(癌を)連打してくれるだろう。放射線で更に攻撃して、それから手術だ。バンバンバ〜ン!いい調子だ。
(2007年3月29日投稿「Daffodils and IVs」より)

極めて前向きに治療に取り組むDerekさんですが、不安な気持ちを吐露されることもありました。

バンクーバーにも春が来た。草木は伸び、今日は17℃、明日は22℃まで気温が上がるらしい。あと何回春を見ることができるのだろう。避けて通れない考えだ。医師は僕の治療をcurative(治癒を目指した治療)と呼んでいる。化学療法、放射線、治験中の新薬、手術が僕の身体から全ての癌細胞を取り除くということだ。

確かにそうあって欲しいと思う。医師団と僕はあらゆる手を尽くして癌を破壊し、取り除き、全滅させようとしている。でもそれが起きない可能性だって決して小さくはない。癌細胞が僕の体内に居残り増殖して、更なる治療を必要とするようになる。そして治療が効かなくなる可能性もある。現時点で僕が5年以内に死んでしまう確率はかなり高い。数ヶ月前には考えてもみなかったことだ。

今は自分が死ぬ気はしない。でも無視することもできない。だから春が来て花が咲き始めたりすると、もう少しよく見ていよう、写真も取っておこう、なんて思ったりする。

(2007年4月5日投稿「How many springs?」より)

さて、抗がん剤と放射線の平行治療による副作用の重さは想像に難くありません。Derekさんが最も苦労されたのは、お通じ絡みの副作用でした。

下痢、便秘、腹痛。便は硬すぎるか水みたいになるかどちらか。多すぎる、少なすぎる、早すぎる、遅すぎる、全く出ないか手に負えないほど出るか。ガスが溜まって詰まってしまうか、ゆるゆるでコントロールできなくなるか。
(2007年5月13日投稿「Adventures in toileting」より)

そんな辛い思いをされたにもかかわらず、CT検査の結果、直腸の癌は縮小どころか大きくなっていることがわかったのです。さらに肺にも転移が見つかり、診断はステージ4に変わってしまいました。

今や僕の目標は、2010年にバンクーバーで開催される冬季オリンピックを見ることになった… 疲れる一日だった。泣いたり、笑ったり、友達と一杯飲んだり、妻や子供や両親をハグしたり… でも僕は闘い続ける。これから起こるであろうことを認め、受け入れるのと否定することの間にはっきりした境界線はない。僕は生まれつき楽天的な奴だが、全てうまく行くかの如く装うことはできない。既にうまく行っていないのだから。
(2007年6月26日投稿「Dead man walking?」より)

期待された術前の化学療法と放射線療法の効果を得られぬまま、粛々と開腹手術へ向かうことになったDerekさんでした。

(次回に続く)
posted by leo at 05:33| Comment(2) | 本やブログなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
いつも更新を楽しみに読ませて頂いています。
Derekさんのココロの動きが 悲しい位よく伝わって来ます。
私は卵巣癌再発で抗がん剤治療を続けていますが 治療の限界を感じつつも僅かな期待もあり まだ無治療には踏み切れずにおります。

「治療」を受ける患者さんは 治ることを目標に 少なくと延命する可能性があると信じているから 苦しくてもそれを続けようとしますが 抗がん剤治療では 受けることによって逆に命を縮める可能性もあるということを思うと本当にやりきれなくなります。

Posted by ぷもりん at 2011年07月01日 19:51
ぷもりんさん

コメントありがとうございます。

Derekさんのブログが素晴らしいのは、治療の記録が
詳細に綴られているだけでなく、彼の心の内も実に正直に
書かれている所だと思います。

治療の効果が上がる確率が小さいと頭でわかっていても
やはり期待してしまうのが人情だと思います。効果が上がらなかった
場合は、犠牲にしてきたものが大きいだけに辛さもひとしおです。
そんな経験を、国や民族を越え、有名人も一般市民も
癌を宿してしまった私達はみな共有しています。

ぷもりんさんもどうぞご自愛下さい。これからもよろしくお願いします。
Posted by leo at 2011年07月02日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。