2011年07月25日

統合医療と治験(penmachineその6)

yoga.jpg

(カナダ、ブリティッシュコロンビア州のDerek K. Millerさんのブログ「penmachine」を紹介させていただいています。今回は第6部です。)

癌の診断を下されてから2年近く、検査、手術、放射線、抗がん剤とDerekさんはハードスケジュールをこなしてきました。心の底に「一日も早く癌を治して普通の生活に戻りたい」という希望を持ち続けてきました。しかし、冷静に現実を分析し「癌と共生しながら一日でも長く生きる」に目標を修正。それに伴い、今まで以上にQOLを重視するようになりました。

そんな折、Derekさんは妻のAirさんと一緒に市内のInspireHealthという統合医療センターに足を運びました。統合医療については興味のある方も多いかと思いますので少し詳しく書いておきます。

InspireHealthは、カナダで唯一の州政府お墨付きのNPO統合医療施設で、州の癌センターとも協力関係にあります。目指すのはあくまでも統合医療であり代替医療ではありません。言い換えると、癌の標準治療に代わる治療法を提供するのではなく、標準治療でカバーしきれない部分を補う役割を負っているのです。標準治療は癌という患者の身体の一部分に焦点を絞っており、全体的な健康状態、精神状態、生活習慣などにはなかなか手が回りません。癌を殺すためには他の部分がある程度犠牲になっても致し方ないと考えているふしがあります。対して、InspireHealthは癌を宿しながらも出来るだけ元気に生きていくための土壌作りを手伝ってくれる場所と言えます。寛解中の人の場合は、再発の可能性や不安感を少しでも軽減するのが目的です。

具体的には、専属医師との90分間の面談による全体的な健康状態の診断(州の健康保険適応)。必要と判断されればビタミン等サプリの処方や生活習慣の改善についてのアドバイスも頂けます。その他、料理教室、瞑想、ヨガ、リラクゼーションなどのクラスも有り、これらの費用も州の健康保健でカバーされます。また週に1回Fireside Chat(無料)というのが開かれ、統合医療に興味を持っている人を対象に、専属医師がInspireHealthのプログラムについての質問に直接答えて下さいます。病院の診察室で行われる医師との面談は、ともすれば堅苦しく事務的な雰囲気になりがちです。Fireside Chatは、暖炉の周りで仲良く談笑するような暖かく親しみやすい雰囲気の中で、患者が医師に自由に質問できる場となっています。

その他、LIFEプログラムと呼ばれる2日間のワークショップがあり、こちらは自費(445カナダドル)での参加となります。講習内容は、基本となる健康的な心と身体作り、ストレス軽減、食事と運動、治療方針に関する意思決定、統合医療の分野における最新研究結果などを含みます。更に、マッサージや鍼、ナチュロパス(自然療法医)や栄養士によるカウンセリングなども希望すれば随時受けられるようなっています。(栄養士のカウンセリングは州保健適応、それ以外は自費)ちなみにInspireHealthの運営費用の大部分は、州政府からの補助及び企業や個人からの寄付から成り立っているそうです。

DerekさんはInspireHealthの感想を次のように記しています。

つい最近まで僕は治療に対して極めて受動的だった。癌を撃退するために医師がぶつけてくるどんな治療でも受け入れ、それに伴う痛みや苦しみに耐えてきた…研究途上の薬を使うようになった今、治療の恩恵と治療による損失を量りにかけなければならない。InspireHealthは、その複雑な意思決定をしていく上で助けとなるばかりでなく、健康的な食事をし、身体を動かし、効果的にリラックスする方法を教えてくれる。

医師からの勧めでビタミンやサプリも取りはじめた。我が家の食卓にはオーガニックや無加工の食品が並ぶようになり家族全員の健康推進に役立ちそうだ。寒い日でも早足で散歩するようにしている。コーヒーの代わりに飲みはじめた野菜ジュースはビックリするほど美味しい。

InspireHealthは建物全体が普通の病院とは異なる感じだ。インテリアはナチュラルカラーで照明は柔らかく、ピリピリした所がなくてリラックスできる。ガチガチ理数系の合理主義者である僕からすると、ちょっとニューエージ風だなぁという印象である。

でも効果はある。バンクーバーに住む全ての癌患者にお勧めだ。

(2008年12月2日投稿「Taking charge of cancer treatment」より)

一方、治療の方にも進展がありました。フェーズIの治験参加に躊躇していたDerekさんでしたが、腫瘍内科医の熱意のこもった説明により気が変わり、結局その実験薬を試すことになりました。薬の名前はCediranib。卵巣がんへの薬効も期待されている分子標的薬でフェーズIIIの治験が行われている最中です。(以前「Bで終わる薬」という投稿の中でちょろっと紹介しました。)

飲み薬で一日一錠を服用すればいいだけという手軽さ。また殺細胞系の抗がん剤と比較すれば副作用がマイルド。数ヶ月前に使って効かなかったPanitumumabよりは成功する見込みが大きい。といった点がDerekさんの心を動かしたようです。

治験。しかもフェーズIと聞くと、副作用の程度を調べるだけの実験台にされるのではないか尻込みする方も多いでしょう。私自身もフェーズIの治験に参加する勇気があるかどうか甚だ疑問です。大きな賭けであることに間違いないでしょう。

そしてDerekさんは賭けに勝ちました。一日一錠のCediranibがDerekさんの癌の動きを1年近く鈍らせたのです。

(次回に続く)
posted by leo at 15:16| Comment(0) | 本やブログなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。